血液検査:血糖値の話

健康
スポンサーリンク

ほぼ半年毎に血液検査を行なっていますが、今回イエローカードをもらってしまいました。
端的にいうと、ヘモグロビン値が糖尿病の域に達したということです。
内科の先生いわく:
– 正常の血糖値と計測血糖値の真ん中が HbA1c 値を示しますが、これが常時高い状態が続くと糖尿病になる
– 糖分を含む食べ物(麺類、ご飯、ジュース類など)は極力セーブすること(但し全く摂らないわけにはいかないので、いつもより2-3割減らすつもりで)
– もし麺類やご飯を食べすぎたと思ったら、一日の中でその分調節すること(昼食で麺類を食べたら、夕食ではその分を減らす)
とのことでした。 
また、栗原毅さん著の「薬に頼らず血糖値をラクラク下げるコツ」という本によれば、肉・卵・ダークチョコがタンパク質、ポリフェノール摂取の観点から推奨されており、また野菜を先に食べて肉などのおかずを次に、最後の締めにご飯を食べるくらいの食順にすればよいとのこと。 ただ、、果物(特にバナナ)はNGだそうです。果糖は単糖類なのですぐ吸収されてしまうためです。

結果をもらって1週間ほどですが、早速朝夕のご飯は半膳以下、昼食の麺類は控えています。
麺類も果物も大好きなのでちょっと辛いですが、健康のためなので、どうせならストイックにやろうと思います。 

一番下のHbA1cの値が上限6.2を超えて6.6になってしまいました。
栗原毅先生の本を早速購入。

コメント 色々ご意見お待ちしています!

タイトルとURLをコピーしました